ロボ団の特徴

POINT1 ロボット教材の購入不要

一般的なロボット教室では、入会時にロボット教材費として5~6万円ほどかかってしまいますが、ロボ団で一人でも多くの子ども達にプログラミング教育を届けるため、教室での貸出性としています。

POINT2 算数や理科を同時に学べる

プログラミングを学ぶプロセスで、算数や理科の学習を行います。ロボットを動かしたいから、プログラミングを学びたい。プログラミングを学びたいから、算数や理科を学びたい。算数や理科の学習単元を、自然な流れで学べる環境を提供していきます。

POINT3 ペアで協力して取り組みます

2人につき1台のロボットで学ぶ「ペアラーニング」です。1人1台のロボットだと、分からないときにすぐに先生に頼ってしまい、思考力や課題解決力がなかなか身につきません。分からないことの60%がペア協力すれば解決できます。ペア効果によって、協働力、思考力、問題解決力を育むことが出来るのです。また、毎授業、ペアで成果を発表する機会があるため、プレゼンテーション力や表現力も身につきます。

POINT4 プログラミング言語Pythonを学ぶことができる

最短3年目からプログラミング言語Pythonを学べます。Pythonは世界的大手のSNSサービス「Facebook」や動画共有サービス「You Tube」の開発にも採用されていて、ロボット分野では、ソフトバンクの人型ロボット「pepper]の人工知能もPythonによって制御されるなど、実績も豊富で今将来に最も期待されているプログラミング言語の一つです。ブロックのルールや言語の構文やメソッドの使い勝手がとても分かりやすく、初心者でも扱いやすい言語として注目され始めています。

POINT5 アプリで学習管理

ロボ団のオリジナルアプリでは、ご自宅でも行えるクイズやテストが学習をサポートします。またテストの結果を親が確認することができ、子どもの理解度を知ることができます。

POINT6 社会とつながるプロジェクト

「プログラミングが社会でどのように役立つか」「社会や世の中がどうなっているのか」を学べるコンテンツです。宇宙航空研究開発(JAXA)とのコラボレーションを皮切りに、今後さらなるコンテンツを追加予定です。本物を見て、触れて、体験することで、子どもたちの夢や将来への”きっかけ”を引き出したい。そんな想いを込めた取り組みです。

RESERVA予約システムから予約する
インターネットでご予約下さい。